シルバニアンサイズのログハウスなどを自作するブログ


by log_architect

2005/10/10 パンダの女の子の家・着工

我が家の嫁にそっくりなパンダの女の子は留学生という設定らしい。
ということならシルバニア村には家もなく、とても困っているだろうということで、まずはパンダっ娘の家から自作開始。

e0095114_13502281.jpg


床はヒノキ材1mmx1cm板、壁はバルサ材Φ15。
どちらもハサミやカッターで切れるので、扱いやすい。

【作成過程】

材料
ヒノキ材 ラワン合板(土台用) バルサ丸棒 木工用ボンド 虫ピン

1.
床の幅にヒノキ材を切る。

2.
切ったヒノキ板を1本あたり2~3枚に分割し、順序をバラして土台にボンドで貼っていく。
このとき長さはできるだけランダムにすること。

3.
バルサ棒を 「床の幅+バルサ棒の直径」 の長さに切る。

4.
たがい違いにバルサ棒の直径分だけずらして壁を組み上げる。
最初の釘(虫ビン)は上にむかって打ち、バルサ棒を組み上げた高さが虫ピンの長さを超えたら下に向かって打つ。

e0095114_19272450.jpg


ふう。
リアルパンダの夕飯作らねばならんので今日はここまで~。
[PR]
by log_architect | 2005-10-10 13:51 | ログハウス